消費者金融が無利息?

融資サービスであるにもかかわらず無利息であるというケースは、基本的にありません。金融業者の儲けにおけるメインは、何を隠そう金利であるためです。ただお金を貸し付けてそのまま返してもらうだけでは、ビジネスになりません。そこへ金利という名の手数料のようなものを上乗せすることで、初めて金融業は成立するためです。ところが、無利息の消費者金融は事実存在します。金利が欠かせないにもかかわらず、無利息でも貸し付けているというのは、一体どのような仕組みになっているのでしょうか。

無利息の借り入れは、多くの消費者金融で利用できます。ある種のトレンドのようにもなっており、主要な業者が進んで取り入れているといった印象です。どういった仕組みになっているかといえば、契約後初月のみ、一定範囲内の融資に関してのみ無利息といった具合です。つまり、一定期間内以降は通常通り金利がかかるものの、初月だけは無利息であるという仕組みです。一ヶ月だけとはいえ、金利が一切かからないというのはとてもありがたく感じられます。

ポイントとなるのが、初月無利息を謳う消費者金融の金利率です。銀行系ではない消費者金融は、比較的高金利です。加えて少額融資ともなれば、上限かそれに近い率ともなります。法定金利の上限は18%なので、仮に10万円までであっても結構な負担となります。それが一切かからないわけですから、とてもお得に感じられます。活用しておいて、まず損はないでしょう。